アレルギー性鼻炎の鼻水に困り果てる|今すぐ対策を知ろう

先生

アレルゲンによる鼻炎

婦人

アレルギー体質

近年アレルギー体質とされる人が急増しています。昔に比べて環境が変化したことや食べ物や生活スタイルに変化が見られることが一つの原因であると考えられています。アレルギー反応を防ぐために体内の免疫力をつけたりアレルゲンを吸い込まないように気をつけることで、症状の悪化を防ぐ必要があります。耳鼻科を受診することで、アレルギー性鼻炎の過剰なアレルギー反応を抑える薬を処方してもらうことでつらい症状を緩和させることもできます。自分自身の体質を知ったうえで、アレルゲンとのつきあい方を考える必要があります。アレルギー性鼻炎に悩まされている人の中には、同時に皮膚疾患や喘息を引き起こしている人もみられます。自身や家族の体質について理解を深め環境を整えるなどの工夫が大切です。

アレルゲンの特定

アレルギー性鼻炎はさまざまなアレルゲンを吸い込むことで過剰なアレルギー反応を起こし炎症が起こります。鼻水が止まらなかったり何度もくしゃみが出るのは、鼻の粘膜から体内にアレルゲンが入り込んだ証拠です。アレルギー性鼻炎には、花粉症と呼ばれる季節性のものとカビやほこりといったハウスダストが原因となる通年性のものがあります。季節性のものは春や秋に症状が出ることが多いのに対し、季節に関係なく日常にあるハウスダストが原因となる通年性のもの一年中悩まされるのが特徴です。どちらも耳鼻科で過剰なアレルギー反応を抑える抗ヒスタミン剤を処方してもらうことで鼻水やくしゃみを抑えることができます。ハウスダストのほかにもペットの毛にアレルギー反応を起こしている場合も考えられます。血液検査でアレルゲンの特定をすることができます。症状の改善にはアレルゲンの特定と排除が大切です。